衛生管理

総合的な衛生管理はレドックスターにお任せ

わが国の平成24年に於ける食中毒の件数は、患者数26,699名、死者数11名に上ります。その主な原因となるものとしては、、サルモネラ菌、ブドウ球菌、大腸菌、それにノロウィルス等があります。
レドックスターは、食品業界や医療関係機関等で問題になるあらゆる菌やウィルスに効果を示す広い除菌性能があります。
これまでの様に、菌やウィルスの種類によって薬剤を換える必要も無く、薬剤管理や除菌作業の軽減化や薬剤コストの軽減に大きく貢献することができます。

手洗い

十分な除菌効果を期待するには次亜塩素酸ソーダ水溶液の場合100mg/Lの濃度が必要ですが、レドックスターでは50mg/Lで同じ効果が期待できます。
pH値が肌に近い弱酸性である事や、濃度が低いため人体にも優しく、うがい等にも用いることができます。 ただし、飲料水では有りません。

<手指殺菌効果試験>

[table “” not found /]

 

食材・食品

わが国の平成24年に於ける食中毒の件数は、患者数26,699名、死者数11名に上ります。その主な原因となるものとしては、、サルモネラ菌、ブドウ球菌、大腸菌、それにノロウィルス等があります。
弱酸性除菌水のレドックスターは、食品業界や医療関係機関等で問題になるあらゆる菌やウィルスに効果を示す広い除菌性能があります。
レドックスターで食材はもちろんまな板等の調理器具の除菌・衛生管理から、床や壁等の掃除までを一括して行えば、有害な薬剤を使う事無く、常に安全で信頼できる食の提供ができます。

安心な食品添加物です

レドックスターの有効成分は、次亜塩素酸(HOCl)です。
赤ちゃんが使う哺乳瓶や保育器等の高い安全性が求められる器具の消毒等に使用されて来た成分と同様の安全性を次亜塩素酸は持っています。
そればかりではなく、人体で異物を除去するためにも活躍していることから次亜塩素酸の安全性が十分ご理解いただけると思います。
従来の消毒液は中和処置を行わないと環境汚染を引き起こす恐れが有りましたが、レドックスターはそのまま排水しても環境に与える影響は殆ど有りません、また肌に近い弱酸性ですから手荒れの心配も無く安心です。

レドックスター使用例
L01-h90 手洗い 弱酸性のレドックスターは手洗いに用いても手荒れの心配無く除菌できます。洗剤で汚れを落とし、しっかり洗って下さい。
L02-h90 床掃除 水拭きと同様にレドックスターを使い掃除します。モップも使用後レドックスターでよく洗い保管するとモップも衛生的です。
L03-h90 調理前に表面をレドックスターで除菌します。冷凍肉の解凍水として使用しても効果があります。
L04-h90 捌く時、レドックスターを流しながらウロコや内蔵、エラ等を除去します。切り身にしてからは赤身の色が抜けますので注意が必要です。
L05-h90 調理器具 まな板や包丁をはじめ他の調理器具もレドックスターで洗い流して除菌してください。油分や脂質は洗剤で洗ってから除菌します。
R01-h90 ねぎ 根を除去する前に一度レドックスターに浸漬してからカットして下さい。カット後にもう一度レドックスターで洗い流すと、より効果があります。
R02-h90 ほうれん草 付け根をカットする前にレドックスターで除菌し、カット後にもう一度レドックスターで汚れを落としてください。
R03-h90 白菜 外の鬼葉を捨ててから丸ごとレドックスターに漬け除菌して下さい。その後から四つ割にしてもう一度レドックスターで除菌してください。レタスやキャベツも同様にします。
R04-h90 根菜 カット前にレドックスターで除菌します。そしてカット後にもう一度レドックスターで除菌をしてください。
R05-h90 野菜 ヘタの部分をカットする前にレドックスターで除菌して下さい。カット後にもう一度レドックスターで除菌すると更に効果があります。
器具や製造機械

洗浄に必要な周辺機器をお客様に合わせて製作することも可能です。

靴底や台車

非衛生区と衛生区の境の床に除菌水槽を設置し床面の衛生管理を確実にします。

衛生的な清掃

モップや雑巾などを洗う水にも使用できます。

排気の消臭

施設内の換気システムの中に用いれば排気中の臭いも消臭でき、環境に配慮する事もできます。

浴槽・プール水

【レドックスターの特徴】

  • 弱酸性なのでプールで働く人たちの安全性が向上します。また肌荒れの心配もありません。
  • 塩素ガスの発生も殆どありません。
  • 環境に優しく影響の無い安全な除菌システムです。
  • レジオネラ菌に対しても効果があります。
  • プール内の清掃に使うと除菌も同時にできます。

【プールの水管理】

屋内プールで施設の中に入ってだけで塩素臭がすることが有りませんか? レドックスターを使用した施設では全く臭いがしません。また、従来の施設では塩素による影響で、肌が敏感な人や、アトピー性皮膚炎の人がプールの水で炎症を起こすなどのトラブルがありました。

従来の塩素注入方式では、

1.循環濾過装置の後方で塩素を注入するため均等に拡散されないうちにプールの戻ってしまい、塩素の濃度がプールの場所によってかなりのムラがありました。 そのため塩素濃度の高いところで肌の炎症等の障害が起こると考えられます。
2.水のpHは温度を上昇させると高くなります。(アルカリ側になる)また一般的に使われている塩素剤は強アルカリ性ですので、ますますアルカリ性になります。
人の肌は弱酸性ですから、アルカリ性の水に触れると肌が荒れる原因になります。

以上の二点は、レドックスターによる除菌システムで解決できます。

1.あらかじめ設定された塩素濃度に希釈混合したものを注入するため濃度のムラが起きません。水と塩素の反応が安定するよう均等に攪拌されてからプールに戻りますので、プール空間内で塩素臭がし難くなります。
2.レドックスターは弱酸性にpH調整された次亜塩素酸水ですから、プールの水をアルカリ性にしない除菌方法です。人の肌に近いpH値ですので肌が敏感な人等でもトラブルの少ないプール水の維持と管理が容易になります。

※塩素の注入ではトリハロメタンの発生が問題になっていますが、レドックスターは弱酸性ですので、その発生量はきわめて低いことが知られています。 このため、より安全な環境を得ることができます。

【空間除菌・消臭】

屋内プールや更衣室、ジム等では温度や湿度の他に臭いも快適性を保つうえでは重要な要素になってきます。 特にジムや更衣室等の中はどうしても汗やカビの臭いが発生し易く、対策を行うことが必要となってきます。
レドックスターを使った空間除菌・消臭用の気化噴霧器は、超微粒子にしたレドックスターを室内に噴霧し、室内の隅々まで行き渡らせる事で臭いの原因物質を取り除き同時に空中に浮かぶカビや菌と反応して除菌も行うまったく新しいシステムです。その安全性については医療施設や福祉施設で使用され既に実証されています。

【浴場および水風呂水の除菌と室内の衛生管理】

  • プールと同様に浴場の浴槽水や水風呂水の除菌にレドックスターを使用すると大きなメリットがあります。特に塩素殺菌では水温が高くなるとより塩素臭が臭い易くなりますので、プールより温度の高い浴槽水ではレドックスターを使用するメリットが大きくなります。
  • 浴室内の環境を衛生的に維持するためにも、浴室の床面の洗浄や浴槽水を換水する時の浴槽内の清掃にレドックスターを散水ノズルで使用し除菌を行います。これで同時に消臭を行うこともできます。

【一般浴室・特別浴室の浴場の除菌と器具や床の除菌・洗浄】

レドックスターは循環濾過機を使用した浴場を完璧に除菌します。

特浴槽の除菌・洗浄は勿論のこと、浴室の床や壁等のタイル面の除菌効果ばかりで無く、消臭効果や防カビ効果も有りますから、容易に衛生的な浴室環境にすることができます。浴室のレジオネラ菌に対しても十分な効果を発揮します。従来から在る塩素だけの除菌に比べて塩素臭も殆ど無く、肌に近い弱酸性なので肌ケアにもなります。

濾過装置の配管路に専用の注入ポンプを使い貯水タンクに貯めたレドックスターを注入します。レドックスター生成装置で設定された塩素濃度とpHに調整されたものが注入されますので浴槽に戻るときは安定した状態です。そのため塩素臭がしないのに安定した除菌力が得られます。浴槽水の換水時の浴槽の清掃や床の清掃に散水ノズルでドックスターを散水し、除菌・洗浄することでいつでも衛生的な浴室とすることができます。